12月10日、11日の両日、住友電装㈱小山事業所(栃木県・小山市)において開催された、「2018年健康まつり」で「健康講座」を実施し、2日間で合計95名の方にご来場いただきました。
 このイベントは、自身の健康状態を見直すことを目的に、同社社員向けに実施しているものです。今回は、ロコモティブシンドロームのチェックとして、決められた高さ(10cm~40cm)の台から両脚・片脚で立ち上がるものや、大股2歩の歩幅を測り2ステップ値を算出するテストが行われました。
 その後、両毛ヤクルト社員が「乳酸菌シロタ株が風邪の発症を半分に軽減する」をテーマに、腸の健康の大切さからインフルエンザを予防するポイントについて話しました。参加者からは「免疫力を高めるために、プロバイオティクスを積極的に取り入れたい」「ヤクルトは飲んでいるが、ミルミルも飲んでみたい」などの感想をいただきました。

 両毛ヤクルトでは、今後も地域の皆さまの健康づくりのための情報を発信していきます。